まずは正しい言葉遣いから

看護師も言葉の使い方について学びましょう

一人前として認めてもらうためには

看護師として働くのであれば、性別や年齡に関わらず正しい言葉の遣い方をマスターした方がいいでしょう。そうすることにより、プラスになることが数多くあります。また、正しい言葉遣いは社会人として当然のマナーになるので、一人前の看護師になるためにも、早い段階で使いこなせるようになっておくことです。
ただ、看護師になる前のアルバイトでの経験をメインに考えない方がいいでしょう。アルバイトで身につけた言葉遣いが、看護師の世界でも通用するとは限りません。アルバイトではない社会人が使うハイレベルな言葉遣いを、しっかりとマスターすることが重要といえます。特に、これから新人として働きはじめる看護師は、十分注意が必要です。
接客業のアルバイトでよく使われている言葉の中に、「よろしかったでしょうか」「こちらの方では」などというものがあります。これらは、間違った言葉遣いです。間違った言葉遣いがそのまま定着しているとなると、それを正す必要が出てきます。人によっては、非常に不愉快な気持ちになってしまうでしょう。
看護師が間違った言葉遣いをしていると、患者とのトラブルにも繋がりかねません。そのため、マナーとしても早めに正しておいた方が無難です。非常に難しい部分ではありますが、正しい言葉遣いが身につけば働きやすくなります。言葉遣いが正しければ、立派な社会人という印象を持たれるのです。自立心の強い看護師であればなおのこと、言葉遣いに着眼点を置いた方がいいでしょう。
人の印象は、言葉遣い1つでかなり変わってきます。一人前の看護師として認めてもらうためにも、まずは言葉遣いから正しておくことです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年12月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー